Discussion女性社員座談会

結婚、出産、子育てとライフステージが変わりゆく中で、女性の働きやすさを考え社内制度や職場環境を整備することは、企業にとって重要な使命です。そこで、働く地域や職種も異なる女性社員4名に集まってもらい、SBCの実態について率直に語っていただきました。

岡田 美奈子

東京2課 課長

入社7年目。小さいお子さんの育児をしながらマネジメントも行う管理職に。

三輪 渚

浜松支店

入社1年目。中小企業の本質的な課題解決にアプローチできる環境で働きたいと思い入社。管理職を視野に奮闘中。

上村 絵里

横浜支店長

入社6年目。横浜支店の立ち上げに携わり、エリアマネージャーと共に顧客増と採用・教育にあたっている。

土井 祥子

人事採用課 課長

入社3年目。採用・教育をはじめ、人事部門強化に取り組んでいる。女性が活き活きと働ける会社作りを目指す。

仕事とプライベートの両立はできていますか?

doi
上村

以前は土日に出社することもありましたが、今は人手が増えたのでなくなりました。残業も減り、平日も比較的早い時間に帰ることができていますね。

doi
岡田

私は子供がいるので18時までの勤務ですが、ありがたいことにお客様も理解してくれていて18時以降に私宛の電話は鳴らないんです。会社としても残業をしないように気にかけてくれているのでそういったところがありがたいですね。

doi
上村

確かに私も時間を意識するようになりました!相手はもちろん自分のためにも、電話やメールを業務時間外にしないように気を付けています。

doi
美輪

私は、入社した時には環境が整ってきていたので、オンとオフがばっちり分けられています!

doi
土井

きちんと仕事とプライベートの切り分けが出来ているみたいですね。ちなみに皆さんは習い事などされていますか?最近の面接では、週一度の習い事の日には定時で帰ることができるか聞かれることがあるんですよね。

doi
岡田

私は時々ヨガに行っています。もう1年以上になるかな。マネージャーになってから仕事とプライベートの切り分けは特に意識するようになりましたね。自分が率先して見本になることで、みんなに真似してほしいなと思っています。

女性が管理職や役員を目指すなど、キャリアアップに関して現在の制度や環境面についての意見を聞かせてください。

doi
上村

男女の差がなく、人として評価してもらえていると思います。ステップアップするのに女性としてのハードルは感じていませんね。やる気次第だと思います。

doi
岡田

確かに、お客様と接する上で女性であることのハンディキャップを感じることはないですね。実は、私ははじめこの業界は男社会だというイメージを持っていました。お客様への説明など、男性コンサルタントの方が安心感を与えられるのかと思っていましたが、実際に現場に出てみると女性コンサルタントに対してお客様は抵抗がありません。むしろ女性は柔らかい言い回しが得意な方が多いので、お客様とのコミュニケーションも円滑だなと感じることがあります。

doi
土井

様々な部門で役職についている女性社員は増えてきていますが、岡田さんのようにお子さんがいてフロントに立っている人はいないんですよね。女性が結婚したり子育てをしたり、プライベートを充実させながら仕事でもステップアップできるような環境を作っていきたいですね。

doi
岡田

子育てしながら上を目指していくには、家族や会社の協力が必要だなと思います。今後、働いている人が出産後に戻りやすい環境ができると、上のステップを目指す人も増えてくると思います。私はそういう経験をしているので、ぜひ協力していきたいですね。

doi
美輪

私は最近入社しましたが、会社がそういった制度を整えようとしていることを面接時に教えていただいたので、産休・育休・テレワークなど、柔軟な働き方ができることを期待しています!

doi
岡田

福利厚生は特に良くなっているという実感があります。会社が積極的によりよい環境について考え動いてくれるので安心ですよね。

doi
土井

社長自ら社員に向けて、社内環境についてメッセージを頻繁に発信していますよね。みなさんに長く働いてもらうために、産休・育休・介護などライフスタイルに合わせた制度をとり入れ、働きやすい環境を整えていきたいですね!