Interview社員インタビュー

役に立ち、必要とされ、喜んでもらえる担当者に。


浜松支店
三輪 渚

応援するのは私の方

前職はハウスメーカーの営業でした。売ったら終わり、というわけではないですが、お住まいをお引き渡しした後、お客様との関係はどうしても希薄になりました。お客様に長く寄り添う仕事がしたい。この世界に入ったのには、そんな動機があります。今度のお客様は、中小企業の社長様。最初はわからないことだらけで、何か質問をされても、「持ち帰って上司と相談します」としか答えられませんでした。それが悔しかったです。

今月は赤字、しかも来月の見通しも立っていない・・・。そんなシビアな状況に直面しながらも、経営改善へ向け一緒に策を練る日々。「次に三輪さんが来てくれるときまでには、なんとか上向きにしとかないとな」。祖父ほどの年齢の社長様に声をかけてもらい、私はなんだか自分が応援されているような気持ちになりました。応援するのは私の方です。課題を解決し貢献するために、もっともっと力をつけ、一人前の経営コンサルタントにならなくてはいけません。

地域を活性化したい

私は浜松で生まれ育ちました。社会人になってからも、ずっと浜松市内で働いています。だからこそ、地域を活性化したいという思いが人一倍強いです。地元企業を元氣にするこの仕事は、そういう意味で天職と呼べるかもしれません。

お客様に顧問契約をいただくことが、SBCグループの売上になります。しかし、私にとって売上数字は指標のひとつに過ぎません。たくさんの売上を上げるということはつまり、それだけたくさんのお客様に喜んでいただけているということ。いかにお客様に寄り添い、より良い提案を行うか、というところに主眼を置いていて、それが働く動機にもなっています。そして、まだまだ経験が浅く頼りない部分も多いですが、いずれは浜松支店の支店長になることも目指しています。

売上を上げる。支店長になる。それらは私にとって、お客様満足の証。お客様の役に立ち、お客様に必要とされ、お客様に喜んでもらえる担当者に、私は必ずなってみせます。