Interview社員インタビュー

組織をつくる醍醐味を、ど真ん中で味わいたい。


マーケティング事業部
チームリーダー
白河 直

これを売ればいい、というわけではない

前職はOA機器を販売する営業マンでした。3年目に全社トップクラスの売上を上げ、課長にスピード昇進。しかし、冷静に周囲を見渡すと、自分よりずっと社歴の長い社員が、同じ役職で、同じ仕事をしていました。10年いたとしても、何も変わらないかもしれない・・・。将来のビジョンが見えず、キャリアの限界を感じた私は、転職を決意。「税理士法人で営業職」という珍しい取り合わせに興味を持ち、SBCグループの門を叩きました。

入社後は、開業支援の仕事に携わることになりました。会社設立に関する諸手続きをサポートし、最終的にはお客様と顧問契約を結ぶ。ただし、なんでもかんでも契約を取ればいいわけではありません。お客様と真摯に向き合って最良の方法を提示し、場合によっては会社設立を思いとどまってもらうよう説得することもあります。前職のように「これを売ればいい」という明確な商材はなく、専門知識を駆使した幅広い提案が必要になってくる。私はそこに、奥深さと面白さを感じました。

どんどん変えていったらいい

現在はマーケティング事業部で、主に広告運用の仕事をしています。どんなWeb広告を、どんなターゲットに配信するのか。どれだけの費用をかけて、どれだけの反響を獲得するのか。データを分析しながら企画立案し、それを実行する。これまで営業畑一筋だった私にとっては未知の領域で、とにかくたくさんの情報をインプットし、試行錯誤を繰り返す日々です。

マーケティング事業部は社長直轄の部署のため、ありがたいことに、私は毎日、代表の柴田から直接指導を受けています。柴田は変化に対して寛容で、過去のやり方に固執しません。いつも「どんどん変えていったらいい」と言ってくれます。そのおかげで、私も変化を恐れないようになりました。そして、できない理由を探すのではなく、できる方法を考えるようになりました。新しいものを取り入れることについて、当然責任は伴いますが、そのぶん仕事の幅は広がり、自分の成長を実感することができています。

将来のビジョンを描く

マーケティング事業部の使命は、自社のサービスを世の中に広めることですが、今特に力を入れているのが、BPOと呼ばれるアウトソーシングのサービスです。会計に精通した専門スタッフをお客様のところに派遣し、経理業務を代行する。さらに、業務改善まで提案するのが、競合他社には真似できない強みです。

この事業スキームは柴田が企画立案し、私が形にしたもので、これまで着実に成果を積み重ねてきました。お客様の満足度は非常に高く、自社の売上にも大きく貢献しています。このプロジェクトを軌道に乗せるため、今後も自分が中心となって、開発・運用を推し進めていくつもりです。

私はこの会社と出会い、将来のビジョンを描くことができるようになりました。たとえば3年後、部署としてこうなっていたい。たとえば5年後、自分はこんなポジションについていたい。そんなふうに組織をつくっていく醍醐味を、端っこではなくど真ん中で、これから思う存分味わっていきたいと思っています。