Interview社員インタビュー

お客様とともに、成長していこう。


横浜支店長
上村 絵里

アルバイトから正社員に

大学を卒業後、会計専門学校に進みました。税理士試験合格を目指していましたが、受験勉強を進めるうちに、早く実務を経験したいという気持ちが強まりました。ただ、勉強をしながら仕事をさせてくれる税理士事務所なんて、そうそうありません。そんな私を、SBCグループは大歓迎してくれました。

私は会計入力などのバックオフィス業務を担うアルバイトとして、この会社に入社しました。配属された東京支社は、当時まだスタッフが3〜4名ほどの規模だったため、雑務全般をこなすことに。たいへんなことも多かったですが、すべてが新鮮で、とにかく楽しかったです。そのうち、できることが増え、もっとやりたいという思いが高まってきました。アルバイト勤務が2年を過ぎた頃、私は「正社員になりたいです!」と上司に申し出ました。返ってきた答えは、「やりたいのなら、応援するからどんどんやってね」でした。自分のなかで、世界が一気に広がった気がしました。

一担当者から支店長に

この仕事をやり始めた当初、お客様からは「この子で本当に大丈夫?」と思われていたと思います。そんなところから、少しずつ実績と信頼を積み重ねてきました。

当社では会社設立のサポートをしていて、個人事業主として自宅で開業されたお客様が法人化し、従業員を雇用するため広いオフィスに移転、さらに事業を拡大していく・・・そんな過程を間近で見続けるので、まるで自分もその会社で働いているかのような錯覚を覚えるときもあります。会社を設立することは簡単だが、継続することが難しい。少しでもお客様のお力になるため、日々さまざまな商品やサービスを提案しています。

アルバイト入社の私が正社員に登用され、現在は横浜支店の支店長を務めています。まだまだ未熟なところはありますが、支店としての実績と信頼を積み重ね、メンバーも増員したい、そして広いオフィスに移転したいです。お客様の会社と自分たちを重ね合わせながら、ともに成長していくことができれば、と思っています。